気導術「気の教室」

【五反田校】12/9(土)上級TB第10回

2017年12月25日
五反田校上級TB教室をご受講いただきました皆さま、ありがとうございました。

<皮膚と筋肉の間のトラブルを解消する!>
★インプット3


今回は『皮膚と筋肉の間のトラブルを解消する!』をテーマとして、「インプット3」を学んでいただきました。

気導術では「身体症状の多くは筋肉の異常によるもの」とする考え方により皆さまには初級コースで、筋肉にアプローチしてその異常個所を見つけるためのテクニックとして、インプット1とインプット2を習得していただきました

今回は新たに、「皮膚へのアプローチ法」としてのインプット3を習得していただきました。

身体にはいろいろな流れがあり、皮膚と筋肉の間にも流れがあります。皮膚と筋肉の間にトラブルが生じその流れが妨げられると、様々な症状や疲労感の原因になります。

治療においての着眼点として、皮膚の融通性は見落としてはならないものだと私は思っています。現に日常の治療においてインプット3は必須のテクニックとして、毎日使っております。

インプット3は「筋肉痛」や「炎症部の痛み」の解消、「むくみ」の解消に、絶大な効果を発揮します!!
また「疲れ」を流すというイメージをもって使うと、想像以上の効果を発揮します!

そしてインプット3はそのターゲットや操作法をきちんと理解すると、これまでに習得してきた他のテクニックやこれから先に学ぶ新たなテクニックと融合させることができ、期待できる効果を格段にあげられる優れものです!!
それが私の得意技にもなったりしています。
皆さまが確実に習得されることを、強くお勧めします!!!


次回は、「骨に気導力を入れ関節の捻れを解消する!」というテーマで『スーパージョイントテクニック』と、「椎骨の特性を知り、より効果的に身体を整える!」というテーマで『ジョイントテクニック』を習得していただきます。
次回はまた新たに、「骨へのアプローチ法」を手に入れていただきます!

ぜひご期待のうえ、ご出席ください!!!



大井 洋

コメント(0件)

コメントはまだありません
一番最初のコメントをしますか?